エアブラシ分解メンテ

長年酷使しているエアブラシ、エアテックス社のコラーニ。
画像

もうだいぶん前からなんだけど、塗料を吹き付けようとすると、カップからブクブクとエアーが漏れてしまうように…
明確な原因もよくわからないし、一応問題なく塗装はできるんで、しばらくそのまま使ってました。
・・・が、今回久しぶりに塗装するにあたって原因を突き止めて修理してやりました。

因みにこの症状が出始めた時もいろいろ原因を考えてみまして、エアテックス社に相談してもみたんだけど、結局なおすことはできず。
結構難問でした。

今回、改めて分解して、どういう風にエアが流れるのか…とか
機構を理解するところから。
画像

まず①のOリングが怪しく思えまして・・・
よく見てみると
画像

Oリングが押し付けられている相手形状に合わせて変形してしまっているように見えます。
丸い断面が三角形になっているような・・・
早速エアテックス社よりこのOリング単品をネット購入。

古いOリングは硬化していてなかなか外れなかったけど…
キズまるけにした挙句なんとか外せました
画像

右が旧品、左が新品。
旧品の方が平べったい感じに変形しているのがわかりますかね?

早速Oリングを交換
画像

装着してみると、やっぱり新品は形が全然違う。
これで問題解決!
と思ってして試し吹きしてみると・・・

カップからブクブク、泡が・・・
効果全くなし

改めて分解して、じっくり観察。

①のOリングを交換してもダメとなると…
②のOリングか!?

このOリングもかなり硬化しているようで、外そうとしたら折れてしまいました。
画像

もはやこれはゴムではないですな

このOリングも購入。
改めてネットで調べてみたら、コラーニの部品はヨドバシカメラでも扱っているようで、おまけにこんなカケラのような部品1個しか注文してないのに送料無料!?
ヨドバシカメラ、かなり好印象。

早速このOリングも交換
画像

組み立ててシンナーを吹いてみたところ…

症状はほぼなくなりました
吹き始めた時点ではまだわずかにカップからのエア漏れがあるんだけど、作業しているうちにピタッと収まってます。
という訳で、完治とは言えないけどだいぶん気持ちよく使えるようになりました。

今回このネタをUPするにあたって拡大写真とか撮ってみると、Oリングが接する部分もあまり面がきれいでなかったりとか、ホコリが付着してたりとか・・・
こういうところまできちんと治せたら症状は完治するかもしれないですな。
(気づいたんならヤレ!って話だけど・・・面倒くさくなってきたもんで



さて、気持ちよく使えるようになったコラーニさんで塗っておりますのは…
1年以上前にご注文頂いておりますGT用小型ペンシルでございます。
あまりにものんびりやりすぎて、削りだしにちょっと時間がかかってしまいまいして…
この度やっと塗装工程に入った次第でございます。

塗装前の下地処理済品↓
画像


・・・からの

下地のプラサフ塗装。
サンドペーパー掛けしたときの削り量が良く分かるように、例によって1回ごとに少し色を付けて塗ってます。
画像

最初は厚塗り。
垂れたらあとから面倒くさくてイヤだけど、多少垂れても厚さ重視で。

で、垂れを修正して、滑らかな下塗り面を出そうと薄く塗ったつもりだけど、またちょびっと垂れたしして・・・
画像



という感じで、スローペースだけど制作は進んでおります。

いつも大変お待たせして申し訳ないのですが、気長にお待ちくださいませ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック